タイ古式マッサージについてのお役立ち情報を記事にしています。

タイ古式マッサージは最高の技術を持ったエステシャン



タイ古式マッサージは最高の技術を持ったエステシャンブログ:20150814


終戦直後、
私たち一家は、谷中の3軒長屋で暮らしていた。

詳しく言えば、
ママと姉と私の3人で、
お父さんは南方戦線からまだ戻っていなかった。

当時の7時食は、
どの家もたいてい芋粥だった。

お粥の部分は姉と私が食べ、
ママはいつもサツマイモの部分を拾って食べていた。

まだ小さかった私は、
ママはサツマイモが好きなのだと思っていた。

そして昼のご馳走は焼芋である。
外でチャンバラごっこをしていた私は、
今まさに新撰組と切り結んでいる最中に、
「やきいもー」という焼芋屋の声がする。

そうなるともう新撰組もない。
私はあわてて家に駆け込み、
無駄でも「焼芋買ってくれ!」とママに頼むのであった。

サツマイモばかり食べている毎日なのに、
なんでまた焼芋かと言えば、
私たちが普段食べていたサツマイモは
「タイハク」とかいう水っぽいものなのだが、
焼芋屋の芋はホントに美味い「キントキ」だったのである。

そんなわけで、
姉と私はたまに焼芋にありつけるのだが、
ママは決して焼芋を食べることはなかった。

いつも「焼芋は胸が焼ける」「今日は食欲不振」と言って、
焼芋にかぶりつく私たちを見てただ笑っているだけであった。

しばらくすると、
お米もちゃんと配給になり、
パンだって何時間も並べば買えるようになった。

やがて、お父さんも南方戦線から帰って来て
私たちは長屋を引っ越し、サツマイモなど長屋時代の思い出は
遥か遠いものとなっていった。

姉と私にお粥を食べさせようとして、
自分はサツマイモの部分を食べていたママ。

そのくせ、お金がないためか自分だけ焼芋を食べなかったママ。
ママは一体、サツマイモが好きだったのか嫌いだったのか…

今年の中秋の名月の日には、
ママの仏前に焼芋でも供えようかと私は思う。
タイ古式マッサージは最高の技術を持ったエステシャン

タイ古式マッサージは最高の技術を持ったエステシャン

★メニュー

ソフトなフィンガーサービスが基本のアジアンエステ
人気の癒し風俗で密着エステはいかが
回春を利用する時には事前にサービス内容を確認
風俗バイトで気軽に高収入なら風俗マッサージ
韓国エステはデリヘルのように派遣型が多い
全身に電気が走ったような気持ち良さのオイルマッサージ
メンズエステは股間だけの刺激で終わらない
タイ古式マッサージは最高の技術を持ったエステシャン
マッサージ系がデリヘルの求人を探しているなら簡単
回春マッサージはちょっとした性的サービスが中心となる


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)昇天する気持ち良さがここにある♪風俗マッサージNAVI