メンズエステは股間だけの刺激で終わらない

メンズエステの基本はマッサージとなりますので、基本的にお客はうつ伏せの状態で施術を受けることとなります。
実際に睾丸を後ろから攻められる感覚を覚えてしまうと病み付きになってしまい、何度も渡り鳥のように通ってしまうことになるでしょう。

 

様々なメンズエステが今ではありますが、性的サービスを展開しているメンズエステでは前立腺への刺激が最もメインとなるマッサージです。
今までのファッションヘルスなどでは決して感じることが出来なかった恐ろしいまでの快楽がそこにはあります。

 

恥ずかしながらほとんどの男性は、メンズエステで仰向け状態になり女性にちょっとした刺激を加えてもらうことで、完全に興奮状態となってしまうことでしょう。
時間いっぱい回春のツボを刺激され、最後の最後に射精に至り、スッキリすることが出来ます。



メンズエステは股間だけの刺激で終わらないブログ:20181119

減量を始める前のあたしは…
「正午になったら午後食を食べるのが当たり前」
「腹が空いたら食べるのが当たり前」
「安いがおやつあったら買い置きするのが当たり前」
「ごはん大盛りが無料なら大盛りにするのが当たり前」
…そんな生活を送っていました。

すでにこの時点で「ん?」と思う人もいるでしょうね。

私にとって「当たり前」でも、
他の人にとって「当たり前」になるとは限らないんですよね。

例えば…
「大盛りが当たり前」
「まとめ買いが当たり前」
これってオトク感を考えると、良い選択のように見えます。

定食屋などではほとんどがごはん大盛りはサービスですから、
どうせ同じ料金を払うなら、
ごはんの量は多い方がいいに決まっています。

まとめ買いも、せっかく安いおやつを見つけたなら、
たくさん買っておいてストックした方がいいですよね。

でもこれらの「当たり前」って
節約生活と言う観点で見ると正しい「当たり前」なのかもしれませんが、
減量や健康を考えた場合は、
必ずしも良いとは言えないんです!

それになんと言っても、
「買わない」ことが一番の節約です。

また定食でごはんを大盛りにすると
糖質を大量に食べ過ぎてしまうため肥満に直結します。

これでは
せっかく美味しいごはんを食べたのに、
「太ってしまう」と後悔したり、
さらに悪化すると糖尿病などを発症させる要因になってしまったりします。

つまり
短期的には同じ価格でより多くの食事ができる、
「大盛り」を頼む方がオトクなわけですが…

長期的な健康、減量などといった見地から見ると
必ずしもそうとは言えないんですね。

・・・と、こんな事書いてみる